大阪城公園よろず相談

大阪城公園を中心に野宿者支援活動を続けている大阪城公園よろず相談のブログです。

2023年1月21日(土)第62回「センターの日」——本年も「センターの日」をよろしくお願いいたします

 年が明けても前途多難な日々が続きます。いえ、こちらの話です。

 人は関係の中で生きるものです。たとえ、そうと意識していなくとも、互いに助け合っているものですし、特に社会というのはそうした分業を前提にしてできあがっています。しかし、社会のほうでは、助け合っているという意識もなく、気づきもず、気づかせもせずに利用し、利用される非対称的な関係が作られているかもしれません。

 いかな善意や献身に支えられたものであれ、独りよがりなものになっていれば、ある人にとってはありがたいことでも、周りの人にとっては迷惑なものになっているということもあるでしょう。また、献身の対象にとってすらありがたがられなければ、やっている当人は不満をため込み、周りに当たり散らすかもしれません。

 八つ当たりの対象にされても、反発するのではなく、受けとめるのが愛というものかもしれません。しかし、受けとめるばかりが愛というわけでもないでしょう。というか、また愛とかいって、いくらでも現実から目を逸らせてしまうのが人間なのだなと思います。

 25年くらい前にアダルトチルドレンという言葉が流行りました。アダルトチルドレンとは、家族関係に問題を抱えた家庭環境で育った大人のことです。アルコール依存症だったり、仕事依存性だったりする父親がいて、その父親のダメっぷりを母親が支えてしまいます。この共犯関係をアダルトチルドレンという概念においては共依存と呼ばれます。

 共依存というのは、言ってみれば関係への依存です。誰かの支えになることで、自分の存在意義を確認しているのです。自分の存在意義を確認し続けるためには、常に献身を裏切る相手のほうが都合が良いので、わざわざダメな相手を選ぶことになります。相手の方も、ダメ人間である自分を責めながら、そうした献身に頼らざるをえないようになっていきます。

 関係への依存は、人間の宿命なのだと思います。これは助け合いの目的が見失われ、相手のためだと言いながら、自分のためでしかない事実から目を逸らしていると、独善に陥ってしまうのです。

 関係への依存は、言葉を使う能力とかかわっているのだと思います。言葉を使うということは、悩むことができるということです。相手が言ったことの「こうかもしれない」可能性に気づいて、思いやりができるのは言葉に支えられた力です。しかし、自分の言葉にしがみつき、「そうではない」ことを言って、現実から目を逸らしてしまえるのも、言葉を使うがゆえなのです。

 言葉を使うことで、我慢ができるようになり、我慢ができるから、何が相手のためになるのか思いやることができます。ここに人類という種の進化の特性があるのでしょう。しかし、この進化の特性は行きづまっているように思われます。その行きづまりを意識すること自体もまた、可能性であり、呪縛でもあるわけです。

 「センターの日」は今年も説明のつかないことを、毎月第三土曜日にやっています。気の向くままにお付き合いください。

2023年2月2日(木)夜回り・大阪社会医療センター附属病院に行ってきました

 今日は釜ヶ崎にある大阪社会医療センター附属病院に行ってきました。先週の風の強い日、寝ていたところに自転車が倒れて太ももを強打し、しばらく無理していたら、歩くこともできなったという相談を受け、受診することになりました。

 朝一番で西成区保健福祉センター分室(元大阪市立更生相談所=市更相)に行って、無料低額診療事業を利用する手続きをした後、病院に移動して受け付けをして診察になります。

 今回は整形外科の診察で、まずレントゲンを撮ることになりました。レントゲンを一枚撮ったら、股関節を骨折していることが分かり、その時点で入院、手術が決まり、そのための追加検査をして、入院の手続きを終えられたのは12時半頃でした。

 コロナ禍の影響で、入院者との面会はできないそうですが、相談室にお願いすれば、本人と直接電話で話すこともできるし、本人から電話してもらうこともできるそうです。整形外科の手術日が木曜日であるため、手術は一週間後、リハビリなども入れると入院は長引きそうです。元気になって退院できるころには寒さもやわらいでいることでしょう。

2023年1月19日(木)夜回り・区別は何のために

 前途多難な日々が続きます。いえ、こっちの話です。

 LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)という言葉が普及して、性的マイノリティへの理解が広まっているように見受けられます。あわせて、かつてのような「男は男らしく、女は女らしく」といった考えも、だいぶ時代遅れなものに感じられるようになりました。

 しかし、考えてみればこれは、「男は男で、女は女だ」と言っているだけで、何が「らしさ」なのかを説明していません。ただ、「らしさ」を語るためにはとにかく「男と女」という区別が必要です。私たちは区別に引きずられて、何かそこに共通の異なった特徴があるように考えてしまいます。あるいは、何らかの特徴に共通性を持たせるために、区別を用いているのかもしれません。

 つまり、区別に利用されている面と、区別を利用している面とが背中合わせになっているのです。また、この区別を利用するメリットがなく、利用されてばかりの人もいます。このようなとらわれから抜け出すために、区別の中身を変えようとしたり、区別の仕方自体を変えようとするのでしょう。

 しかし、いずれにせよ区別自体は道具に過ぎません。使う必要のない道具は使わなくていいし、使い方を過てば、しばられてしまうばかりです。道具にこだわる前に、自分の生身に聞いてみなければなりません。

 今月の寄り合いは1月29日(日)です。大阪女子マラソンを横目に温かいおでんを食べましょう。みんなでおいしい思いをするのに何を気に病むことがありましょうか。

第62回「センターの日」のお知らせ

「センターの日」とは

 労働者の街として知られる大阪の釜ヶ崎は今、大きな再開発の波にさらされています。2012年に始まった西成特区構想による「まちづくり」も進められています。貧困層の追い出しをともなうジェントリフィケーションであるとの批判もあります。

 地域住民と行政が協同して地域を良くしようと努力しているとの主張がある一方、これまでと変わらない強制排除が幾度となく繰り返されています。真実はいったいどこにあるのでしょうか?

 労働者の街である釜ヶ崎に、あいりん総合センターという施設があります。センターは釜ヶ崎の中核とも言える場所です。このセンターの建て替え、閉鎖、仮移転がまちづくりの会議の中で決定しました。

 釜ヶ崎で何が起きているのか、私たちは何かできることはないのか、私たちは何を知るべきなのか。一から考えるために、私たちは2017年11月から月に一回、第三土曜日に釜ヶ崎のセンターで労働者の声を聞く取り組み、「センターの日」をはじめました。

場所・日時のご案内

 JR新今宮駅西口から地上に出て、国道の向かいのあいりん総合センター北西側の団結小屋周辺か高架下の駐輪場付近で、2023年1月21日(土)13時から16時に実施します(基本的に毎月第三土曜日)。

これまでの「センターの日」

 これまでの報告はこちらです。

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 第24回(中止) 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回 第35回 第36回 第37回 第38回 第39回 第40回 第41回 第42回 第43回 第44回 第45回 第46回 第47回 第48回 第49回 第50回 第52回 第53回 第54回 第55回 第56・57回 第58回 第59回 第60回 第61回 



カンパのお願い

 大阪城公園よろず相談の活動に賛同いただける方はカンパにご協力下さい。以下の口座まで振り込みをお願いします。活動に関心のある方は一声おかけ下さい。夜回りや寄り合いのほか、哲学読書会やソフトボール大会、「センターの日」などの活動も行っています。

郵便振替

記号14080
番号32204771
大阪城公園よろず相談

郵貯以外からの振り込みの場合
店名 四〇八(ヨンゼロハチ)
店番 408
預金種目 普通預金
口座番号 3220477

2023年1月5日(木)夜回り・新年あけましておめでとうございます

 一昨年に比べると昨年末はまだ暖かかった気がするのですが、それでも年が明けて空気感が変わったように思います。などと、一週間も経っていないのにあれこれ分かったようなことを批評してしまうのもお正月の効果かもしれません。

 新年最初の夜回りは昨年末にいまざと診療所さんのフードバンク&バザーでいただいた下着をお配りしたいと思います。サイズがXLしかないので、小柄な方には申しわけありません。新しい年を新しいパンツで迎えましょう。

 わりと人気のあるおにぎりは一時中止して、アルファ米をお配りしています。白飯だけだと味気ないので、年末はふりかけもセットにしてみました。

 今年もいろいろ工夫しながら夜回りや寄り合いをやっていきたいと思います。大阪城公園よろず相談にかわらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

2022年12月22日(木)夜回り・今年最後の夜回り

 今年最後の夜回りになりました。先週から寒さが本格化して、つらい年越しになりそうです。今年もクリスマス弁当の配布をする予定です。例年だと12/25なのですが、今年は12/24になります。夜回りより少し遅い時間にお邪魔するかと思いますが、ご容赦下さい。

 この一年を振り返ると、まず2月には「釜ヶ崎の外へ」というトークイベントで2000年代の野宿者運動を振り返りました。3月には公園の商業化に問題提起するため、難波宮跡公園でジェントリフィケーション生活相談会を3日に渡って開催しました。そのあと、内輪の都合ですが、小さな村で起こった反乱の対応に忙殺される日々となりました。

 人生に終わりなどなく、死ぬまで生き切らねばならないのだなと、一人でいるとつらくなりますが、どうせ生きていかねばならないなら、明日明後日ではなく、今この時に希望を感じて生きられるように支え合っていきましょう。

 来年もどうぞ、よろしくお願いいたしたします。1月の寄り合いはおでんにしたいと思います。たらふく飲み食いしましょう。

2022年12月17日(土)第61回「センターの日」——『関西公園 Public Blue』の頃

 『関西公園 Public Blue』という映像作品があります。2006年1月30日の大阪城公園靱公園の行政代執行による強制排除を控えたテント村にカメラを向け、ドイツ人の監督が日本の野宿者問題に考察を加えた一本です。2006年当時の、あちこちにテント小屋のある風景や行政代執行当日の様子も収められており、今見ると貴重な映像資料でもあります。

 ウチとソトがどうとか、儒教がどうとか言ったり、丸山眞男やら福沢諭吉やらの言葉が引用されたり、日本文化論っぽい構成もあって、昔はよく分からなかったのですが、何度も見ていると、ああそういう話だったのかと理解できてきました。

 映像の中には、当事者と支援者がデモをしたり、市役所に申し入れ書を提出しにいく場面が出てきます。福沢諭吉は「誰でも自分の意見を言って抗議する権利があるんだよ」という文脈で出てくるのですが、日本社会はいまだにそのような権利がまともに守られていないと。日本の場合、議論を交わす公の(パブリックな)場というものが外国から輸入されたものなので、うまく根付いていないのだろうということです。

 また、公園というのも同じ時期に外国から入ってきた概念です。お寺の境内が公園のように利用されていて、明治維新後は公園に流用されたということもあったようだし、第二次世界大戦の敗戦後に軍事施設が平和利用の名目とともに公園に転用されていきました。お城はもともと武士(軍人)の住居ですから、大阪城公園は陸軍第四師団の拠点だったし、大阪砲兵工廠がありました。靱公園も飛行場の予定地だったので、あんな長細い変な形をしているのです。

 つまり、この作品では公と公園をだぶらせて、抗議行動は無視され、テント村は強制排除される様を日本社会論としてまとめたかったのだとようやく理解できました。また、途中でわりと唐突に釜ヶ崎にスポットが当たり、1990年の暴動のニュース映像も引用されています。暴動も抗議行動と考えれば、やはり抗議行動は無視され、暴力的に鎮圧されるのみであることを、同じ系譜のうえにある現象として位置づけたかったのでしょう。

 労働者の街は勢いを失い、テント村も潰された現在、このような扱いをされる人たちはどこに行ったのでしょうか。きちんと話を聞いてもらえる社会になったのでしょうか。なるほど、釜ヶ崎にもまちづくり会議が作られて久しく経ちます。しかし、その間にも強制排除があったのは何だったのでしょうか。渋谷区の美竹公園では今まさに強制排除が起こっています。話を聞かれる場所と実際に排除が起こる場所とが切り離され、公共空間は、言論の場という意味でも公園という意味でも、ますます狭められ、歪められるようでは、事態は悪化していると言わざるをえないでしょう。