大阪城公園よろず相談

大阪城公園を中心に野宿者支援活動を続けている大阪城公園よろず相談のブログです。

2022年1月20日(木)夜回り・今がこんな世界だからこそ

真冬日とはだいたい1月末頃のことで、一番冷え込む時期にあたるのだと、先日テレビでやっていました。そういえば数日前も雪がちらついていました。今月の寄り合いでは温かいおでんを用意しようと思います。初めての方も遠慮なくおこしください。 昨年末より…

第50回「センターの日」のお知らせ

「センターの日」とは 労働者の街として知られる大阪の釜ヶ崎は今、大きな再開発の波にさらされています。2012年に始まった西成特区構想による「まちづくり」も進められています。貧困層の追い出しをともなうジェントリフィケーションであるとの批判もありま…

2021年12月18日(土)第49回「センターの日」——ハモとタイ

第49回「センターの日」のあらまし 年末の気力体力の限界で、事前のビラ配布ができなかったせいか、参加人数は少なくなりました。しかし、そのぶん、ふだんよりゆったりとした雰囲気でおしゃべりできたのは良かったと思います。 カンパでいただいたタイとハ…

センターの日番外篇「釜ヶ崎の外へ——2000年代の行政代執行、以前/以後の経験から学ぶ」

2022年2月5日(土)、西成市民館にて、以下の企画を開催します。大きな時代のうねりに襲われる釜ヶ崎で、私たちは反排除の経験に正面から向き合い、強制排除にいかに抵抗するのか(抵抗できるのか)を考えたいと思います。 企画趣旨 2019年、あいりん総合セ…

2021年12月23日(木)夜回り・センター追い出し裁判について/年末年始について

センター追い出し裁判について こんばんは。大阪城公園よろず相談です。気が付けば2021年も残りわずかになりました。こうして月日が経つのが早いと何をしたらいいのかわからなくなるのが正直な感想です。今回は『センター追い出し裁判』について書きます。 …

第49回「センターの日」のお知らせ

「センターの日」とは 労働者の街として知られる大阪の釜ヶ崎は今、大きな再開発の波にさらされています。2012年に始まった西成特区構想による「まちづくり」も進められています。貧困層の追い出しをともなうジェントリフィケーションであるとの批判もありま…

2021年11月20日(土)第48回「センターの日」——第三土曜日のお約束

第三土曜日のお約束 寒くなってきたので久しぶりに炭火焼きをしてみました。いつもアルミホイルに包んださつまいもを仕込むところ、じゃがいもにしてみると、これはこれで味わいがありました。にんにくのホイル焼きもやってみたのですが、これもひとかけでも…

2021年12月9日(木)夜回り・文句なしの冬の寒さに文句をいう

文句なしに冬の寒さがやってきました。それでも今年の冬はマシだなどと言われても何の慰めにもなりません。ちょうど一ヶ月前の夜回りのビラに世界の見方、世界観がどうとか書いていました。あの時はまだ寒さもマシでしたね。 慰めにならないと言いつつ、まだ…

2021年11月25日(木)夜回り・大切なことはそうは変わらない

夜回りでは配れませんでしたが、流用もできない内容なので、記録として残しておきます。 月曜日の雨は激しかったですね。翌日からは天気予報通りグッと冷え込んできました。 新型コロナの流行はどうなるのでしょう。今のところ、感染者数は下がり続けて、リ…

第48回「センターの日」のお知らせ

「センターの日」とは 労働者の街として知られる大阪の釜ヶ崎は今、大きな再開発の波にさらされています。2012年に始まった西成特区構想による「まちづくり」も進められています。貧困層の追い出しをともなうジェントリフィケーションであるとの批判もありま…

2021年10月16日(土)第47回「センターの日」——ビラとルビ

ビラとルビ ご覧のとおり、「センターの日」のビラはすべての漢字にルビをふっているのですが、「センターの日」をお手伝い下さった労働者に「これがありがたい」「勉強できて助かる」と言われました。野宿者運動の現場では、20年前からビラにルビをふるのが…

2021年11月11日(木)夜回り・夜回りに寄せて

私たちは、同じ言葉を使いながら、まったく別のことを語っている人と向き合わねばならない時に生きています。それが分からない人の言葉にからめとられるのは、自分もまた、一方でその用法に縛られているからでしょう。同じ場面で同じ言葉を使っていても道は…

2021年10月28日(木)夜回り・路上に転がっている可能性

だいぶ寒くなってきました。今週月曜日の雨では、原付に乗っていて寒さに凍えました。先週日曜日の寄り合いでは、寒さに備えて衣料の配布を行いました。前回の夜回りの翌日の夜には、希望を聞いて、いく人かに寝袋をお届けすることもできました。 今月はいろ…

2021年10月14日(木)夜回り・多様性について考えました

前回のビラに書いた「そろそろ冬支度?」というのは、いくらなんでも気が早すぎるだろうと、のちに反省しました。 盛り上げたわりになんの中身もなかった自民党の総裁選が終わり、衆議院の解散総選挙が近いということで、各党の公約がマスメディアをにぎわせ…

第47回「センターの日」のお知らせ

「センターの日」とは 労働者の街として知られる大阪の釜ヶ崎は今、大きな再開発の波にさらされています。2012年に始まった西成特区構想による「まちづくり」も進められています。貧困層の追い出しをともなうジェントリフィケーションであるとの批判もありま…

2021年9月18日(土)第46回「センターの日」——いかなる意味でも排除には反対です

9月の「センターの日」のあらまし センターで野宿している方から新型コロナウィルスの感染者が出たということで、どうしようかと迷ったのですが、消毒を徹底して、飛沫予防のついたてを用意した上で、焼肉用コンロで熟成させた豚肉とおもちを焼いて提供しま…

2021年9月30日(木)夜回り・そろそろ冬支度?/釜ヶ崎の日雇い事情

そろそろ冬支度? たまによろずの寄り合いにも顔を出して下さる方から、「ひがしなりフードバンクでもらったから」とアルファ米や飴などの食料品のほか、マスクや石けんなどの物品をカンパしていただきました。数のあるものは夜回りで、数が限られるものは寄…

2021年9月16日(木)夜回り・朝晩冷え込むようになってきました/現金に行ったこと

朝晩冷え込むようになってきました 大雨が続いたかと思えば猛暑、猛暑が続いたかと思えばまた雨と、今夏はこの繰り返しでした。台風シーズンも近づき、ようやく暑さも和らいできそうな気配です。その分、朝晩の冷え込みが気になるようになってきました。毛布…

第46回「センターの日」のお知らせ

「センターの日」とは 労働者の街として知られる大阪の釜ヶ崎は今、大きな再開発の波にさらされています。2012年に始まった西成特区構想による「まちづくり」も進められています。貧困層の追い出しをともなうジェントリフィケーションであるとの批判もありま…

2021年8月21日(土)第45回「センターの日」——カレイを焼きました

第45回「センターの日」のあらまし 8月の「センターの日」は冷凍カレイのカンパをいただいたので、焼いてみんなで食べました。共同炊事で使いにくい食材を「センターの日」で活用して欲しいとのことです。ありがとうございました。 14時頃から雨が降るという…

2021年9月2日(木)夜回り・情報共有していきましょう

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。東京オリンピックを強行した結果、わかりきっていた事態に陥ったというわけです。 しかし、今回はこれまでと感触が異なります。というのは、本当に身近なところで感染者が出たり、感染者と接触した可能性がある…

2021年8月19日(木)夜回り・8月1日はそうめんを食べました/新型コロナウイルスワクチンの接種について

8月1日はそうめんを食べました 8月の寄り合いは毎年恒例のそうめんでした。よろずの料理長Aさんのこだわりのつゆは粗熱も取れ、ひと欠けの氷を入れて、そうめんをつけると何杯もおかわりを誘いました。オクラやささみ、蒸し豚などの付け合わせのなかで、薬味…

第45回「センターの日」のお知らせ

「センターの日」とは 労働者の街として知られる大阪の釜ヶ崎は今、大きな再開発の波にさらされています。2012年に始まった西成特区構想による「まちづくり」も進められています。貧困層の追い出しをともなうジェントリフィケーションであるとの批判もありま…

2021年7月17日(土)「センターの日」——未来のことと現在のこと

2021年7月17日(土)第44回「センターの日」のあらまし ようやくかき氷が似つかわしい季節になりました。何人かの方に手伝っていただき、大変助かりました。シロップはイチゴが一番人気でした。練乳缶には二ヶ所穴を開けないといけないことを教わりました。 …

2021年8月5日(木)夜回り・「ここにいる」について

こんばんは。大阪城公園よろず相談です。 7月8日の夜回りは雨のため中止になってしまいましたが、7月7日は七夕です。天の川をへだてて織姫と彦星が引き離されています。彼らは1年に1回しか会えないそうです。皆さんは短冊にどの様な想いを込めて、何を願い、…

第44回「センターの日」のお知らせ

「センターの日」とは 労働者の街として知られる大阪の釜ヶ崎は今、大きな再開発の波にさらされています。2012年に始まった西成特区構想による「まちづくり」も進められています。貧困層の追い出しをともなうジェントリフィケーションであるとの批判もありま…

2021年6月19日(土)第43回「センターの日」——センターに現れたゴミ山

第43回「センターの日」のあらまし 例年だと6月はもう暑いので、かき氷を用意して行ったのに、あいにくの雨でした。それでもお付き合いいただいたみなさん、ありがとうございました。かき氷用に用意した練乳はインスタントコーヒーに流用されて人気でした。…

2021年6月24日(木)夜回り・ワクチン接種について/新今宮ワンダーランドとセンターのゴミ山

ワクチン接種について こんばんは!毎度おなじみよろず相談です。 ギラギラと太陽が照りつけ、日中かなり暑くなりました。曇りの日や朝夕はまだいくぶん涼しいような気もしますが、そろそろ熱中症対策を心掛けて、安全に夏を乗り切って行きましょう。 さて、…

第43回「センターの日」のお知らせ

「センターの日」とは 労働者の街として知られる大阪の釜ヶ崎は今、大きな再開発の波にさらされています。2012年に始まった西成特区構想による「まちづくり」も進められています。貧困層の追い出しをともなうジェントリフィケーションであるとの批判もありま…

2021年5月15日(土)第42回「センターの日」——人情を売り物にするなら

かき氷か、たこせんか 5月15日(土)の「センターの日」は久しぶりに好天に恵まれました。前回に引き続き、写真の展示も行ないました。映画は『男はつらいよ ぼくの伯父さん』(シリーズ42作目)を観ました。また、何となく思い立って業務スーパーの鶏肉を購…