大阪城公園よろず相談

大阪城公園を中心に野宿者支援活動を続けている大阪城公園よろず相談のブログです。

2024年5月18日(土)第77回「センターの日」——路上から世界へと発信

「中島写真を読み解く」シリーズについて

 昨年末より、「センターの日」のビラで、五回にわたって「中島写真を読み解く」シリーズを書いてきました。六年もやっているうちに「センターの日」も煮詰まってしまった感があり、ビラにきれいごとを書くのもうんざりしていました。そこで、中島写真について考察することを通して、釜ヶ崎とのかかわりを新たに模索しようとしたものでした。

 そうして、中島写真を読み解いていくための入り口を作ることができたのではないかと思います。しかし、この先に話を進めるためには、全体像を把握したうえで、テーマを設けながら整理していく必要があります。月に一回ビラを書くタイミングで済ませられる作業ではないので、このシリーズはいったん休止することにしました。

路上からの発信

 四月の「センターの日」では、「センターの日」特別編集として、『釜ヶ崎の現在』という冊子を作成しました。

 「センターの日」をしていると、観光客や釜ヶ崎に興味を持って訪れたという人が通りすぎたり、足をとめたりといったことがあります。「センターの日」はもともとセンターを利用する人たちとおしゃべりする場を作りたいという目的ではじめたものでしたが、そうした初期の目的はもはや満たされ、「センターの日」自体が当たり前になっています。

 そこで、釜ヶ崎のこと、まちづくりのこと、ジェントリフィケーションなど、外向けの発信も考えてもいいのかなと、今さらながら思いました。また、そのような発信はマスメディアやインターネットを通じたものではなく、センターや公園、路上のように、公共の場所でありながら、そこで暮らす人たちにとって固有の意味を持っている場所で、手軽に読める紙媒体を提供するのが良いのではないかと考えました。

釜ヶ崎の下暗し?

 やってみて気づいたのは、釜ヶ崎の街で暮らしている人たちも、実は釜ヶ崎のことを知っているわけではないということでした。この街に来てまだ日が浅いという人から、閉鎖されたセンターについて「この建物は何なんですか?」と訊かれました。他にも何人か興味を持ってくれた人に冊子をお渡ししました。

 すぐそばにあるのに知らないこと、生活感覚では知っているけど、きちんと説明しようとするとむずかしいことはあるものです。外向けだけではなく、内側からも必要とされる知識があり、そのような知識が人と人のつながりを作っていく可能性があることに気づきました。

路上文庫レーベル参加のおさそい

 今回の「センターの日」では、『釜ヶ崎の現在』に加えて、『ジェントリフィケーションと公園の商業化』という新しい冊子を用意しました。こういった手軽に読める冊子をどんどん増やして、「路上文庫」とでも言うべきレーベル化ができたら面白いなと思いました。

 「センターの日」では「自分の書いたものも冊子にして欲しい」という持ち込みを歓迎します。写真やイラストでもいいし、「書くのは無理だけど、自分の話も冊子にして欲しい」「こんな冊子が読みたい」という希望もお聞きします。みんなで路上から自分たちのメディアで世界に発信していきましょう。