大阪城公園よろず相談

大阪城公園を中心に野宿者支援活動を続けている大阪城公園よろず相談のブログです。

2019年9月12日(木)夜回り・ジェントリフィケーションってなに?/トリノの休日(イタリア報告その8)

ジェントリフィケーションってなに?

 最近、日本でもジェントリフィケーションという言葉が流行りはじめています。はじめて目にした人には口にすると舌をかみそうなこの言葉は、貧困層の追い出しをともなう再開発のことを批判的に告発する言葉です。

 1980年代のニューヨーク市では、まさにこのジェントリフィケーションが起こり、そのなかで貧しい人びとは手を取り合ってたたかいました。そのたたかいとは自分たちの生活を豊かにする場所をつくりだすことでした。ほったらかしにされている空き地や建物を占拠してガーデニングをしたり、交流スペースを設けたりしました。そうして同じ問題に立ちふさがれた人びとの出会いを生み出し、大きな抵抗の動きをつくっていったのです。

 いま、大阪の街は行政主導の大きなジェントリフィケーションの波にのまれようとしています。24時間お金を使わせようと、野外で騒音をながし、電気を浪費してめまぐるしい光であちこちを照らしだします。私たちにできることは何でしょうか。それは、これまでしてきたように公園や野外ですごし、これまで以上に豊かな関わりの場を生み出すことだと思います。

 二週間に一度、大阪城公園よろず相談はみなさんが野宿している場所にお邪魔します。月に一回は公園でよりあいを開きます。そうやって、出かけていかなければ出会わない人同士が出会い、出会わなければ思わなかったようなことを積み重ねて未来を考えていきたいと思います。ジェントリフィケーションが強まるからこそ、公園から、路上から世界を変えていく可能性が強まっていくともいえるのではないでしょうか。

トリノの休日(イタリア報告その8)

 朝から晩まで盛りだくさんのスーザ渓谷の一日を終えた翌日は休養日としました。実は途中で体調を崩してスーザ渓谷へ行けず、寝込んでいるメンバーもいました。

 子どもたちは友人が遊びに連れ出してくれて、空き家を占拠して運営されている社会センターで楽しい時間をすごしていました。

 また、洗濯物がたまっていたので、スマートフォンでコインランドリーを調べて洗濯にも行きました。このイタリアの道中、スマートフォンの便利さにはとても助けられました。

 インターネットで調べたコインランドリーへ向かう道すがら、トリノ市の美しい街並みや大きな川、川の向こうの丘の家いえが目を楽しませてくれました。

 コインランドリーではまず、トークンという専用のコインを購入し、このコインで洗剤や柔軟剤と交換し、洗濯機や乾燥機を回します。洗濯機を回しているあいだ、向かいのカフェで時間を潰したり、ペットショップでおみやげを買ったりしてすごしました。

 イタリアでは無料で使える公衆トイレがありません。乾燥機を何度回してもなかなか洗濯物が乾かず、トイレを借りるためにもう一度別の喫茶店でコーヒーを飲みました。イタリアでコーヒーといえばエスプレッソです。街角にあるコーヒーの自動販売機で出てくるカップのコーヒーも分量が少なく、最初は故障しているのかと疑いました。

 帰るころにはお昼を大きく回っていて、ケバブ屋で店員さんお勧めのきついビールといっしょにおいしくいただきました。英気を養ったところで、翌日からもトリノの濃い日々が続きます(つづく)。

 

2019年8月18日(日)寄り合い──パークセンターによる歴史学習ツアーへの横槍

f:id:asitanorojo:20190909190638j:image

 8月の寄り合いは久しぶりに普通の持ち寄りごはんでした。意識的に野菜を使った品を用意するのですが、色味が今ひとつ。持ち寄りごはんはふたを開けて見るまでわからない闇鍋的な面白さがあります。

f:id:asitanorojo:20190909190656j:image

 大阪城公園のAさんが作ってくれたニラと玉ねぎの卵とじがとても美味しかったです。

f:id:asitanorojo:20190909190710j:image
 鶏肉のピカタも暑い日にはよく合います。ナスの浅漬けも涼やかです。オクラとミョウガの牛肉を煮たものはちょっと作りすぎました。

f:id:asitanorojo:20190909190728j:image

 「センターの日」の翌日ということもあってか、Dさんもやってきてコーヒーを入れてくれました(写真がない……)。

f:id:asitanorojo:20190909190755j:image
 この日は大阪城公園のSさんが、改まって相談があると長時間話し込んでいました。「いよいよ生活保護を受けたい。ただし、来月の寄り合いまで待ってくれ」ということでした。ついにSさんが決断したのかと、感慨深いものがありましたが、この話は後日談がありそうです。

f:id:asitanorojo:20190909190815j:image

 この日教えてもらった新たな出来事としては、大阪城公園狛犬にかんして行われている歴史学習について、パークセンターから横槍が入ったということです。

f:id:asitanorojo:20190909190834j:image

 大阪城公園の西の丸北門にある狛犬は、次のような曰くがあるそうです。

 大阪城の西ノ丸北門にあるこま犬は、中国の明の時代の国宝級の文化財です。それが何故大阪城にあるのでしょうか?

 日本軍は1937年7月7日、盧溝橋事件を引き起こし全面的な中国侵略を開始しました。同年12月13日に当時の中国の首都である南京に侵攻、大虐殺を引き起こします。その途中、7月29~30日には天津を爆撃占領し、その時、天津市庁舎前のこま犬を略奪してきました。こま犬は、翌1938年に兵庫県西宮市の西宮球場および外苑で開かれた「支那事変聖戦博覧会」で「勝利の戦利品」として展示され戦意高揚に利用されました。(参考

 その他、大阪城公園にはあまり知られていない歴史的な痕跡が各所にあるようで、とても興味深いツアーだと思います。

『大阪城のこま犬/追悼とフィールドワークの集い』を終えて - 日中友好ネット

f:id:asitanorojo:20190909190923j:image

 また続報が入ればよろずのブログでもお知らせしたいと思います。

f:id:asitanorojo:20190909190856j:image

2019年8月29日(木)夜回り・夏のやり過ごし方/NO TAV運動で見出されたもの(イタリア報告その7)

夏のやり過ごし方

 今年の夏は日中は暑く、夜は一転して涼しいといった日もあれば、夜も熱気が続く日もあります。

 夜回りでは、路上でお会いできる人数が最近少なめになっています。「どこか涼めるところで暑さをやり過ごしてから、遅めの時間に寝はじめるのだろうか」などと夜回りメンバーで話しています。台風も気になる季節です。夏のやり過ごし方の工夫など、聞かせて下さい。

NO TAV運動で見出されたもの(イタリア報告その7)

 アルプス山脈にトンネルを掘ってフランス・イタリア間にリニア新幹線を通す計画に反対するNO TAV(ノータブ)運動について紹介してきました。今回は運動についてうかがったお話の中で印象深かったことを書こうと思います。

闘うおじいさんたち

 夕食を食べながらお話を聞かせてくれた人たちの多くが70歳を越えるおじいさんでした。国を相手に闘うのは大変なことです。前回書いたように警察から催涙弾の攻撃を受けることもあります。国と裏で手を組んだマフィアの嫌がらせを受けることもあります。

 「若者が応援で来てくれるけど、自分が一番前の危ないところに出る。逮捕されやすいところは自分たちが受け持つ」と、ある人が熱く語ってくれました。「自分の子どもも現場に出ると言っているが、この運動は長い闘いだから、自分が闘えなくなったらその後を継いでくれと言っている」というのです。

闘いのなかで見つけたもの

 闘いのなかで見つけるものもあります。「同じ村に住んでいるのに、彼のことはこの運動をはじめるまで知らなかった。この運動をはじめてからお互い知り合うことができた」と隣の男性とうなずきあう姿もありました。

 山奥の団結小屋の手前に、廃村に似つかわしくない観光案内のような立て看板があります。イタリア語の解説文に立派な羽の蝶々と植物の絵が添えられています。これは、幼虫のときには、この植物の葉しか食べられないという蝶で、運動のさなかに発見された新事実だということです。

 子どもたちが「だるまさんがころんだ」で遊んでいると、「イタリアにも同じ遊びがあるよ!」と夕食会に来ていたお姉さんが教えてくれました。この日も一つ発見があったというわけです。子どもたちはのびのび遊び、めったにない子どもたちの参加にみんなよろこんでくれていました。

生活すること、見つけること

 このNO TAV運動の現場で見聞きしたこと、教えてもらったことには非常に感銘を受けました。大阪でもすでに70歳を越えていたり、もうすぐ70歳だという仲間が野宿生活を生き抜いています。いくつになっても苦境に抗う人びとが世界中どこにでもいるのだという思いにさせられました。

 NO TAV運動の中心を担う人たちが、よろずがふだんやっているような寄り合いを大切にしていることにも親近感を覚えました。別の曜日には定例の抗議活動も行っているそうです。

 よろずの夜回り活動のなかでも、さまざまな発見があります。新たに出会ったり、久しぶりに再会したりするみなさんからお聞きする話は、ときに驚き、ときに笑いに満ちています。

 地味な出会い、地道な取り組み、当たり前の語り合いがやはり社会を変えたり、作ったりする力になるのだという確信めいた温かいものを感じました(つづく)。

 

第22回「センターの日」のお知らせ

大阪市の都市空間はどうなっているのか

 3月31日に閉鎖されようとしたセンターは、反対に集まった人びとによって限定的ながら24時間開放を実現したのもつかのま、機動隊の強襲を受けて強制排除されました。

 現在はシャッターの前に拠点を設け、抗議行動を続けています。この場所に繰り返し訪れることが都市空間の統治に裂け目を作る力になります。また、都市空間の統治のあり方を読み解く目を開くでしょう。「センターの日」をきっかけにお越しください。

場所・日時のご案内

 JR新今宮駅西口から地上に出て、国道の向かいのあいりん総合センター正面付近で、2019年8月17日(土)13時から16時に実施します(毎月第三土曜日)。

 古本放出はとても人気があります。特に読み終えた時代小説を寄付いただけると大変喜ばれます。古本チェーン店では二束三文にしかならない本の有効活用をお考えの方はぜひ「センターの日」にお持ち下さい。

 現在はセンターに図書室が設置されています。本棚はつまっているものの、固い本ばかり残っていて、品揃えに少し難があるようです。古本の寄付をお待ちしています。

これまでの「センターの日」

 これまでの報告はこちらです (第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回)。

f:id:asitanorojo:20190815141637p:plain

カンパのお願い

 大阪城公園よろず相談の活動に賛同いただける方はカンパにご協力いただけると幸いです。以下の口座まで振り込みをお願いします。活動に関心のある方は一声おかけ下さい。夜回りや寄り合いのほか、哲学読書会やソフトボール大会、「センターの日」などの活動も行っています。

郵便振替

記号14080
番号32204771
大阪城公園よろず相談

郵貯以外からの振り込みの場合
店名 四〇八(ヨンゼロハチ)
店番 408
預金種目 普通預金
口座番号 3220477

2019年7月20日(土)第21回「センターの日」──身体的欲求に根ざしたお話

かき氷と散髪が大人気

 先月に引き続き手回しのかき氷、今回初めて散髪をやったところ、どちらも喜んでもらえました。「昼回り」でビラを渡している時から、「散髪してほしい」「かき氷何時に行ったらええんや?」と食いつきのいい反応をもらいました。かき氷の列が途切れたと思うと散髪の希望者が訪れるといった具合に、人の流れと滞留がうまく生まれていたように思います。

 先月と比べて暑かったこともあり、かき氷は身体的欲求の赴くままに求められたという感じでした。実際にかき氷機を回していても、「早くこの列が途切れて自分の分を削りたい」と思うような、ねっとりした暑さでした。

f:id:asitanorojo:20190815140845j:plain

身体的欲求に根ざしたお話

 散髪をしていて聞いた話では、「冬はそうでもないけど、夏はとにかく散髪をしてほしい」という気持ちがあるようで、これにはなるほどと思わされました。夏場に蚊取り線香が必須であるように、なかなかお風呂にも入れない生活では、汗をかく暑い夏には頭をさっぱりさせたいという欲求が切実なのかもしれません。

 かき氷もそうですが、身体に直接的にかかわる欲求について私たちも想像力を巡らす必要があるように思いました。うちわなんかももしかしたらよろこばれるでしょうか。

f:id:asitanorojo:20190815140945j:plain

モバイルバッテリーの活用

 散髪は、大阪城公園よろず相談の素人散髪の達人に活躍してもらいました。ただ、ハサミだけでは大変なのでバッテリー式のバリカンも用意しました。また、普通のコンセントを挿して使える64800mAhという大容量のモバイルバッテリーを購入して用意しました。バリカンのバッテリーが30分程度しかもたないところ、モバイルバッテリーにACアダプターを接続して使うと余裕で散髪を続けることができました。

 バリカンを少々使った程度ではモバイルバッテリーの残量はほとんど減っていないようでした。コンセントの差込口は二つあるので、この電源を使えば他に面白いことができそうです。例えば、テレビくらいは余裕で使えるので、テレビを用意すれば外でビデオ鑑賞会もできます。

f:id:asitanorojo:20190815141040j:plain

映画の音響効果

 一応、映画も団結小屋の中で上映しましたが、ほとんど人はいませんでした。しかし、路上演奏用のスピーカーで音楽や映画を流していると、「何かやっている」感じが出て、人が立ち寄りやすくなるようです。映画を鑑賞する人数の集まりは気にせずに、これからも映画上映はついでにやっていこうかなと思います。
月1回の楽しいおしゃべりの日、おしゃべりの場所

 「昼回り」をしていて、「ここだけの話やで」と言いつつ、なんの脈絡もなく最近我が身に起こった大事件の話をしてくれた人がおられました。こういう話を聞いていると、みんな話し相手に飢えているんだなと感じます。「センターの日」の方まで足を運んでもらって、「月に1回の楽しいおしゃべりの日、おしゃべりの場所」を作れたら、と「センターの日」のビジョンの一つが見えたように感じました。

f:id:asitanorojo:20190815141141j:plain

イスを並べて勝手に屋外カフェ?

 片付けの後にスタッフ同士で話していて「イスを並べたらいいかも」という話が出ました。かき氷と散髪と映画をやっていれば、人は集まるし、必然的に待ち時間ができます。かき氷を食べるでも、散髪をするでもなく、フェンス沿いに二人並んで腰掛けておしゃべりしている人たちもおられました。どうせなら「センターの日」は周りにおけるだけのイスやテーブルを配置して、勝手にオープンカフェのようにしたらどうだろうと思いました。

毎月第三土曜日にセンターで

 第21回は「昼回り」のビラを撒いていて、前以上に「月一回の「センターの日」」の通りが良いように感じました。今日は尼崎で生活保護を受けていて、「ここが恋しくなる」からたまに自転車で通ってきているという男性に出会いました。バリカンで散髪をしたこの人は、帰り際にがっしりと握手を求め、現在の生活について話してくれました。

 今回初めて素人散髪をした人の実験台になってもらった時は周囲もドキドキしましたが、あのドキドキ感はご本人にも共有されていたのかもしれません。散髪のあと、かき氷の器を洗うためのタンクの水の補充を手伝ってくれていました。

 あの握手には、この日の出会いに対する喜びが込められていたように感じました。こうして一人一人と出会っていくことで、「毎月第三土曜日にセンターでやっている」という様式が一人一人の生き方と重なり合って、大きなつながりがゆったりと広がっていけばうれしく思います。

f:id:asitanorojo:20190815141237j:plain

 

2019年7月28日(日)寄り合い──そうめんでにぎわう大阪城公園

 今回の寄り合いは毎年恒例のそうめん大会でした。大阪城公園のAさんにお手製のめんつゆを用意してもらい、家庭でゆでためんと氷をたらいにはった水にさらします。たらいは前日に水を張っておかないと漏れてしまいます(知っていましたか? 知りませんでした)。

f:id:asitanorojo:20190814134728j:plain

 昨年はなぜか出来合いのめんつゆを買ってきて不評を買ったAさんでしたが、「今日のつゆおいしいわ!」「本気を出したAさんは違うな!」と名誉を回復しました。Aさん「去年は天気が悪かったから、中止になるかもしれんと思ってた(から出来合いのもので済ませた)」という背景も明らかになりました。

 前回に引き続いてOBのKさんが用意してくれた紅生姜も絶品でした。アパート暮らしに移ってから紅生姜作りは欠かしたことがなく、子どもの頃から父親に「お前の作った紅生姜は一番美味しいな!」と褒められていたそうです。「少し持って帰らせて」というお願いに対して「持って帰るんやったら高いで! 3000円もらうよ!」というかけあいが笑いを誘いました。

 いつものメンバーはもちろん、古くからの知り合いや近隣にお住いの方も顔を出してくれて、夕方まで大いに盛り上がりました。よろずこそ公園ににぎわいを創出していると言えるのではないでしょうか。

f:id:asitanorojo:20190814134850j:plain

 サクヤルミナへの抗議はあいかわらず暖簾に腕押しでもどかしい思いをされている話をうかがいました。興行としてはうまくいっていないにもかかわらず、営業を続けていると運営側は悪びれずに述べているとか。

 サクヤルミナの鳥への影響に関する回答で、「鳥が営巣している木には機器やスピーカーはつけない」と言っていたのに、実際はついていたそうです。また、今年の春に公園の東側では、鳥が営巣していた木を伐採してしまった場面もあったとか。そのことを大阪市役所の関連部署の職員の人に「◯◯の巣がある木を伐り倒してしまってるんですよ!」と言ったら、「ええー!」と絶句していたそうです。

f:id:asitanorojo:20190814135247j:plain

 野鳥観察をしているグループや環境保全活動の団体の人たちも、公園の自然破壊に関心は示してくれるものの、なかなか手を取り合って本腰を入れた抗議行動をしようとはならないジレンマについてもお聞きしました。

 野鳥を観察する集まりに参加して大阪城公園に長逗留していると、サクヤルミナは常にうるさいし、太陽の広場ではイベント、音楽堂ではアイドルのコンサートと、どこへ行っても騒音がつきまとわれるような状況。イベントやコンサート目的に来る人には気にならなくても、その他の公園利用者にはまったく落ち着けない公園になってしまっているのではないでしょうか。

f:id:asitanorojo:20190814135341j:plain

 こんなおかしな都市政策に対して私たちができることは何でしょうか。地道な抗議やアピール活動も大切です。それらとあわせてこれまで通り公園を当たり前の生活の一部として活用し続けることを忘れてはいけないと思います。

 大勢で集まってみんなで美味しいそうめんを食べるましょう。花見シーズンだけ判で押したようにバーベキューをするだけが楽しみではありません。みんなが思い思いに過ごして幸せになれる本来の公園を創出していきましょう。いろんな人が適度な距離をおきつつ共存できる場所が都市に暮らす私たちには必要なのです。

f:id:asitanorojo:20190814135154j:plain

カンパのお願い

 大阪城公園よろず相談の活動に賛同いただける方はカンパにご協力いただけると幸いです。以下の口座まで振り込みをお願いします。活動に関心のある方は一声おかけ下さい。夜回りや寄り合いのほか、哲学読書会やソフトボール大会などの活動も行っています。

郵便振替

記号14080
番号32204771
大阪城公園よろず相談

郵貯以外からの振り込みの場合
店名 四〇八(ヨンゼロハチ)
店番 408
預金種目 普通預金
口座番号 3220477

2019年8月1日(木)夜回り・毎月第3土曜日は「センターの日」/NO TAV運動の夕食会(イタリア報告その6)

毎月第3土曜日は「センターの日」

 毎月第3土曜日に釜ヶ崎のセンターで寄り合いをやっています。散髪やかき氷、映画上映などをして気取らない時間を持とうという取り組みはそろそろ2年になります。

 先日は、難波宮跡公園で寝ていたが、G20の警備がわずらわしいので、またセンターに戻ったいう知り合いの話も聞きました。路上と釜ヶ崎はゆるやかにつながっていることに気づかされます。よろずの寄り合いだけでなく、近くにお寄りの際はお立ち寄りいただけるとうれしいです。

NO TAV運動の夕食会(イタリア報告その6)

 夕食会に向けて豆腐とねぎのみそ汁を大きな鍋に仕込みました。材料のほとんどはトリノの市場の中華食材店で買ったものです。この中華食材店には日本で売っているままのカレールーや讃岐うどんの乾麺、だしの素なども並んでいました。

 小屋のそばの木の枝にはアルプスの少女ハイジに出てきそうな手作りのブランコが吊るされています。ニワトリやガチョウを飼育するスペースもあり、のどかな草原のなかで子どもたちは鬼ごっこを満喫しているようでした。

 夕食会に参加する人たちが徐々に集まり、友人に通訳してもらったり、お互いつたない英語でコミュニケーションをとりました。

ヴェナーウス村

 空き時間にこの小屋のあるヴェナーウス村を少し散歩しました。石積みの壁や、平らな石が敷きつめられた屋根の造りはこの村の伝統的な建築法なのだと教えてもらいました。

 新しく建てられた家もあれば、空き家になって半ば朽ちている家もありました。しかし、基本が石造りなので朽ちていても雰囲気がわかります。古い尖塔を残して新しい建物を造った教会もあり、このような再建法はイタリアにはよく見られるとのことです。

 家並みのあいだを歩いているとそこここに給水所があり、アルプスのおいしい水を飲むことができます。村のはずれ近い奥の方に喫茶店があり、ここで一息入れました。この辺りの、特に高齢の人びとは言葉にフランス語が入り混じっていて、イタリア語が堪能な友人にもわからないそうです。

夕食会の場所へ

 17時近くになり、何台かの車に分乗して夕食会の場所に向かいます。すぐに脇道に入り、山の中へ入っていきます。切り立った斜面の両側に年季の入った石造りの建物や壁がせまる、車一台通過するのもギリギリというような狭い道をずーっと走り抜けていきました。

 これらの建物はすでに空き家で、かつてはワイン用のブドウ作りが行われていたとのことです。こんな山奥までブドウを作るために入り込んだ人たちがいたことに驚かされます。そのような産業の要請があったということでもあるのでしょう。

 30分ほども走ったでしょうか。ひらけた渓谷に、山奥には似つかわしくないコンクリート造りの橋やアスファルトの道路が走っているのが見えました。ここで車を降りて、しばらく歩きました。

山奥の団結小屋

 目的地に着くと、急な斜面の上に掘っ建て小屋がありました。すでに多くの人が集まっており、最終的に20人近い人たちが木製のテーブルを囲みました。

 丸いチーズを包み焼きにしたこの土地の伝統料理だという一品や、キッシュのような家庭料理に舌鼓をうち、美味しいワインにのどを鳴らしました。私たちが用意したみそ汁も「ブォーノ(おいしい)」と味わっていただけました。

 谷の向こう側沿いに高速道路が走っており、眼下には問題のトンネルの工事現場があります。運動のなかではトンネル工事の騒音の測定といったアセスメントも行なっているようです。工事現場には軍事車両が停まっているのが見えます。この工事の反対行動により、一時的にこの一帯を占拠し、運動側で実効支配して「自由共和国」を名乗っていた時期もあるというから胸が熱くなります。

 しかし、排除の際には催涙弾を用いた激しい攻撃を受けたそうで、あちこちで見かけるガスマスクを付けた人びとをモチーフとした壁画はそういったわけかと納得がいきました(つづく)。