大阪城公園よろず相談

大阪城公園を中心に野宿者支援活動を続けている大阪城公園よろず相談のブログです。

2018年5月24日(木)夜回り・大阪城潜行10年!

 こんばんわ。よろず相談です。

 先日、「チベット潜行十年」という本を読みました。とある日本人が戦中から戦後にかけての12年、モンゴルからチベットーインドにかけてアジア大陸を放浪した壮大な記録です。

 1943年、著者は日本大使館の職員として中国の運輸ルートを調査するため、モンゴル人のラマ(僧)に化けて旅立ちます。1年で帰る約束だったのですが、新疆ウイグルへの憧憬をおさえきれません。ウイグルに向かう手前で遊牧民マフィアに軟禁され、観音経というありがたいお経を十万回詠んでくれたら解放してやると言われます。本当は僧ではないので一夜漬けでマスター。10万回唱えるとなると、毎日唱えても6か月かかると試算し、気が遠くなる著者。それでも断れず唱え続けるうちに月日がたち、いよいよ、といったところで日本の敗戦を知ります。

 著者はショックを受け、ウイグル行きを取り止めてインドに行くのですが、もはや帰ることもできず、そのままモンゴル人ラマとして10年に及んでインドーチベット間を放浪することになります。

 ラクダやラバ、または歩いて高原を超え、砂漠を超え、河を渡り、ヒマラヤ山脈を超え、気が遠くなるような旅なのですが、人の行き交うルートにはいかなる過酷な自然環境の場所でも村があり、人の暮らしがあります。

 さて、何千年もの間、人が行き交い、物が運ばれ、仏教が伝えられたこの壮大な一本道のことを考たとき、一体この日本の大阪に暮らすわれわれの自転車で毎日行ったり来たりというものに、どれ程の意味があるのでしょうか。それとも、どれ程の小さな距離であれ、人が行き交うということは、そこには点と点を結び相互に変化を促すなにかが(人や物、文化、習俗、言葉、はたまた遺伝子)運ばれているということと考えてもいいのでしょうか?

 まいどまいど大阪城公園を潜行しておりますよろず相談です。大陸を渡るキャラバン隊のように、同じ道でも何千年もたどれば道ができ、伝播(広がり伝わること)がおきるのでしょうか?なにか(とりあえずビラとかおにぎりとか)を運び、出会って影響されてまた運び・・・そのようにして道はつづくのかもしれませんね。今日出会って、少しばかりあいさつなどをしたことで、肉眼ではとらえきれないような変化が山脈の向こうで起きているかもしれません。

 まずは「どーも」と、軽い気持ちで毎度の夜回りをお迎えください。

2018年5月10日(木)夜回り・小さくとも生き抜く力

 三月一日のビラを最後に、わが家のネズミ対策について書いていませんでした。前回書いたのは実は二月頭の出来事です。この時には実はネズミ駆除業者に来てもらう話が進行しており、追加のエピソードを語りにくい状況にありました。職務怠慢甚だしいマンションの管理会社にとぼけたふりして探りを入れ、かつしつこくプレッシャーをかけて、対応に着手させたものの、家主負担で済ませられるのか、こちらに作業費を請求してくるのか不透明で、ネズミ本体のほかにも先の見えない面倒くさい事情がありました。

 ともあれ、これはもう素人がどんなにがんばっても無理だと判断せざるをえない出来事が起こったのです。ネズミといえども生き物なのだから、食べ物が得られなければいずれ餓死するはずです。インターネットで調べた範囲では、ネズミは1日に体重の3~4倍の食べ物を食べなければいけないという情報もありました。前回書いたように食料という食料は密閉容器か戸棚の中にしまい、家の中の扉やふすまの類は可能な限り閉じておくようにしました。外出時や睡眠時にもしっかり閉じるようにしました。

 すると、夜中に寝室の横のリビングのダイニングキッチンとの境界辺りの角の上の方からカリカリしつこく音がします。ネズミが「いる」ことの証にうんざりしながらも、もはや根比べであり、時間の問題であると考えて我慢します。一応どこから聞こえるのか確かめようとはしたのですが、よくわかりませんでした。天井裏にいるのかもしれません(常にこのような推量を迫られるのも負担です)。

 翌朝、朝の準備をしている時に何気なく引き戸の端を見ると、木くずが大量に落ちていました。なんと、ネズミは閉じられた部屋の境界を越えようと、柱と木戸をかじって血路を開こうとしていたのです。食べ物に手が届かないようにし、移動を制限するという作戦は的を射ていたといえましょう。しかし、道を塞がれればそこに穴を穿ってでも現状を打開しようというたくましさをネズミは発揮していました。敵ながらあっぱれといったところです。この作戦の方向性はまちがっていないものの、これを続けると被害が食べ物だけでは済まなくなるということがわかり、DIYによる戦いの継続を断念した次第です(つづく)。

 

2018年5月17日(木)第16回哲学読書会──『自由の哲学』3

 いつもお借りしている場所が使えなかったので居酒屋で行いました。

 シュタイナーの『自由の哲学』の第1章から第3章までを振り返りました。シュタイナーの後半生は神秘主義者としてのもので、『自由の哲学』で書かれているようなこととはガラッと内容が異なってきます。にもかかわらず、あるいは、その分、『自由の哲学』の明晰さ、論理性が際立ってきます。

 ところが、あらためて読んでみると、ところどころ神秘主義を感じさせるようなフレーズが紛れ込んでいます。「われわれの内で自然そのものが生きている(内なる自然)」、「『自我』ではない『自我』以上の何か」といった表現がところどころに見られ、超感覚的なものを意識した思考を行おうとしていることがうかがえます。

 二元論が主体と客体を分断し、「われわれと世界の間に壁をつくる」ものであるのに対し、シュタイナーは認識している自分自身、人間自身も自然の一部であり、宇宙内の存在であるという前提に立とうとしているように思えます。一元論、二元論といった対立自体が錯覚であり、別の角度からそうした錯覚を乗り越えようとしているかに感じられます。その仕掛けとして重要なのが「思考」であり、「思考」に導き出されるように現れる「意識」の位置付けであるようです。

 最近ウィリアム・ジェイムズの『プラグマティズム』を読んだKさんは、こうした認識の仕方の議論に興味を覚えるといっています。Kさんが別の人とやっている読書会で読んでいるバートランド・ラッセルの認識論にも同じような面白さを感じるようです。

 『自由の哲学』はあと2回かけて読み直す予定ですが、次に読みたいものも見えてきそうです。

第7回「センターの日」のお知らせ

 第7回「センターの日」を5月19日(土)14:00〜17:00に行います。

 飛び入りでのご参加お待ちしています。

 これまでの報告はこちらから(第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回)。

f:id:asitanorojo:20180517022606j:plain

2018年4月29日(日)寄り合い──新緑の季節

 暖かくなって大阪城公園の木々の緑も勢いを増しています。

f:id:asitanorojo:20180507222813j:image

 一方、今回の持ち寄りごはんは茶色っぽいものになって失敗でした。やはり野菜は根菜ではなく、緑のものを選んだ方が良さそうです。

f:id:asitanorojo:20180507222849j:image

 久しぶりに顔を出してくれる仲間もいて、好天のもと良い寄り合いが持てました。

f:id:asitanorojo:20180507224638j:plain

 森ノ宮駅側の入口一帯の商業化も進んでいます。パン屋は野外のカウンター席のようになっていて、外国人観光客も含めて大勢座っていました。公園全体がものすごい人出でした。

f:id:asitanorojo:20180507223014j:image

 ロードトレインもひっきりなしに通過していきますした。観光客に商業施設をはしごさせるために走っています。

f:id:asitanorojo:20180507223054j:image

 水路の植え込みは相変わらず放置されています。そのうち、きらびやかに作り変えられるのでしょうか。

f:id:asitanorojo:20180507223141j:image

2018年4月26日(木)夜回り・さつまいも倶楽部

 こんばんは。よろず相談です。

 10年以上も前になりますが、長居公園のテント村の住人たちで、「さつまいも倶楽部」という農園を作りました。農園は藤井寺に今もあります。当時はみんな元気いっぱいで、長居公園から自転車で藤井寺まで行って皆で農作業をしていました。そこに引きこもりの若い子や自主保育の子どもたちも参加して少なくない人が出会いの中で生きがいにも感じながら農園に通っていました。収穫物は街で販売したりして、喜ばれていて、今も常連さんがいるんだそうです。

 今年の3月から私もちょこちょこ行くようになり、農作業に参加しています。はじめた当初とはメンバーはだいぶ変わっていますし、まわりには新築の一軒家が立ち並び風景も少し変わりました。春になると毎年のようにじゃがいもの種いもを植えます。今年は私も手伝って植えてきました。先日は夏野菜のために土を耕して畝を作ったり、じゃがいもを植えたところの雑草抜きなどをしてきました。6月頃の、新じゃがの収穫が楽しみです。

 藤井寺の農園はもともと野宿の仲間が作ったところ。子どもや障害のある人も一緒にやろうということでゆる〜く続いてきました。とは言ってもやはり農園を守るために努力を惜しまない人もいたからこそ続いたのではありますが。

 夏になれば暑すぎて、冬は寒すぎてやってられないのが現実ではありますが、今の季節は、空は広いし、鳥が鳴いてるし、今の季節は本当に気持ちが良くて、のんびりできます。

 テント村があったころからこのようにいろいろな自主的な活動が取り組まれてきました。今はテント村もつぶされて「野宿は肩身が狭い・・・」という状況ですが、「どうとでも生きていくのがわしらの強みや」という言葉を聞くと、こちらがいつも励まされてしまいます。いろいろな大変な状況でも自立的な気持ちを持って生きていることが人を元気づけるということもあります。

 とはいえ・・・無理せず、何かあれば声をかけてください。

 

2018年4月21日(土)第6回「センターの日」──寒さより暑さが気になる季節の気配

 ようやく暖かくなって、寒さより暑さが気になる季節の気配を感じます。センターに向かう道すがらも、ゆったりした気持ちでリアカーをひけました。13時半からはじめたところ、最初から人の集まりがよく、多くの方が立ち寄ってくださいました。

f:id:asitanorojo:20180501152318j:image

 今回からキャンプ用の折りたたみ式のテーブルを用意して、その上でコーヒーの準備をしました。春になっても吹き抜ける風は強く、カセットコンロ1台では湯沸かしが追いつきません。1杯のコーヒーを淹れるのにだいぶお待たせしてしまいました。

 今回も、写真を増やして壁面写真展を行いました。昔の通天閣や新世界の写真は華やかで目を引きます。もともと日本橋の辺りにあった木賃宿街が、第5回内国勧業博覧会によって移転させられたのがこの釜ヶ崎のはじまりです。

f:id:asitanorojo:20180501152500j:image

 1994年の釜ヶ崎の写真を見ながら、震災直後の溢れるような求人について話して聞かせていただきました。トラックを運転して、一回行って帰るだけのやりきりで日当がもらえ、この景気ならこの先10年は大丈夫だと感じたそうです。ところが、4月に入るとやはりパッタリと求人は途絶えてしまったのだとか。「震災特需」はほんの一瞬の夢だったのかと、当時のお話を興味深くお聞きしました。

f:id:asitanorojo:20180501152523j:image

 1回目の「センターの日」に来て、こたつでたくさんおしゃべりしてくださった方が久しぶりに来てくださいました。お話から釜ヶ崎を中心として、何とか食べて行くための情報の一端を知りました。この日は大阪城公園辺りまで歩いて行ってきたのだそうです。ほんの少しだけ身の上話もお聞きしました。

f:id:asitanorojo:20180501152608j:image

 この日は隔週土曜日にセンターでやっているという炊き出しもありました。そこで配られるパンをひとつ分けてもらって食べました。口に入れるとひんやりとしていて、配布前までいったん冷凍されていたようです。分けてくださった方が「おなか壊すで!」「正露丸飲んどき!」とあおるので笑ってしまいました。他の人にも訊くとスーパーの袋いっぱいのパンで「3日はもつ」とのことです。肉まんも含まれていて、温めればおいしそうですが、なかなかそうもいかないでしょう。

f:id:asitanorojo:20180501152635j:image

 今回は知り合いが東京から飛び入り参加で運営の手伝いをしてくれました。東京の寄せ場の近況をお話しいただいたのですが、ご満足いただけるような「濃い」情報提供までにはいたらなかったようです。「センターの日」も、毎回いろんな現場のゲストをお呼びして情報提供ができれば、より盛り上がりそうです。

f:id:asitanorojo:20180501152706j:image

 今回も予定を延長して17時頃まで行いました。釜ヶ崎銀座通りでは2月から3月にかけて無料駐輪場が新設されました。その横に停められた自転車には違法駐輪を警告するタグがつけられています。無料駐輪場が作られたことで、それまでふつうに停められていたものが違法扱いされてしまうなんて本末転倒ではないでしょうか。まずは労働者の暮らしを第一としなければ釜ヶ崎の「まちづくり」は名ばかりのものになります。

 釜ヶ崎は労働者が作った街であり、センターもまた労働者が日々の暮らしを通して作っている場所なのだと思います。