大阪城公園よろず相談

大阪城公園を中心に野宿者支援活動を続けている大阪城公園よろず相談のブログです。

2019年6月20日(木)夜回り・いざトリノへ/第20回「センターの日」を行いました

いざトリノ

 イタリア旅行3日目はいよいよトリノへ向かいます。中部の都市ローマに対し、トリノは北部にあり、アルプス山脈をのぞむ立地です。

 ローマからはイタリアの新幹線で4時間以上かかります。子どもたちが耐えられるのかと心配でしたが、子ども同士わきあいあいと過ごしていました。

 昼食は駅で買ったサンドイッチを車中でいただきました。言葉がわからないので、まだまだおっかなびっくりの買い物です。

 トリノまでの車窓は、なだらかな丘と草原、ところどころ農地という感じで、のどかではあるものの退屈な風景です。華やかなローマに対して田舎や郊外の暮らしはどんなものなのでしょう。

イタリアで活躍する旧友

 予定時刻より少し早く電車が駅に到着して、あわてて降りるとそこはトリノ・ポルタ・スーザという駅でした。スマホを駆使してバス停を調べて移動しながら、トリノで働きながら活動している旧友に連絡を取りました。

 大きな立方体のリュックを背負い、自転車で現れた彼の一言めは「ポルタ・ヌォーバって言ったじゃん!」でした。どうやらわれわれは「大阪駅で降りるつもりで新大阪で降りてしまった」ような形だったようです。

 彼は2007年頃、よろずの活動にも参加してくれていて、数年前からイタリアで活躍しています。イタリア人の女性と結婚してトリノで一緒に暮らしており、メッセンジャーとして稼いでいます。

トリノってどんな街?

 トリノはしっかりした都市計画のもとで作られた街だと彼から教えてもらいました。イタリアを統一した王様がトリノの人だったので、統一直後のイタリアの首都はトリノだったそうです。

 産業振興や教育にも力を入れた偉い人で、フィアットの工場で有名なトリノの基礎を築いたのはこの王様の功績なのだと聞きました。

 トリノの街は5階建てくらいの石造りの古いアパートが整然と建ち並び、アスファルトの部分もありますが、石畳の上を自動車が走っています。

今度の根城

 泊まったのはトリノ中心街にほど近いマリア・ビットーリア通り沿いのアパートをホテルに転用した部屋でした。長期滞在するトリノではきちんとした部屋を借りて、大人の女性三人用に一部屋、大人の男性と子ども部屋として一部屋を当てました。一部屋といっても、前者は1DK、後者は2DKで、廊下にはソファが置いてあるほど、ゆったりした間取りです。

 かつては学生用の安いアパートだったらしく、ここでもやはりジェントリフィケーションがあるようでした。他の階の部屋にはふつうに賃貸で暮らしている人たちがいました。

 イタリアでの三家族第二の我が家をここに定め、トリノでの波乱の日々がはじまったのです(つづく、まだはじまらない)。

第20回「センターの日」を行いました

 毎月第三土曜日に釜ヶ崎のセンターでやっている「センターの日」は20回目となりました。今回は手回しのかき氷機を持参し、立ち寄る人にかき氷を食べてもらいました。

 団結小屋で映画を見るのもそろそろ暑さで無理なのではと思っていましたが、まだ大丈夫そうだったので、『釣りバカ日誌』の第一作目を上映しました。しかし、この日はスピーカーを用意していなかったせいか、人の集まりはもう一つでした。

 「センターの日」をやっていて音というのは場所を作る重要な手段だと気付かされました。その他、定期的に続けられること、同じ場所でやること、そして、見えるようにやることも重要な要素です。

 これらはよろずの活動から学んだことでもあります。路上で、公園で、繰り返し出会うことから、異なる背景や事情を持つ人たちにとって意味のある場所ができていきます。これをこそ「公共空間」と言うのではないでしょうか。

 今月の寄り合いも難波宮跡公園で行う予定です。気軽にお立ち寄り下さい。

 

第20回「センターの日」のお知らせ

センター開放闘争が行われています

 3月31日に閉鎖されようとしたセンターは、反対に集まった人びとによって限定的ながら24時間開放を実現したのもつかのま、機動隊の強襲を受けて強制排除されました。

 現在はシャッターの前に拠点を設け、抗議行動を続けています。この場所に繰り返し訪れることが都市空間の統治に裂け目を作る力になります。「センターの日」をきっかけにお越しください。

場所・日時のご案内

 JR新今宮駅西口から地上に出て、国道の向かいのあいりん総合センター正面付近で、2019年6月15日(土)13時から16時に実施します(毎月第三土曜日)。

 古本放出はとても人気があります。特に読み終えた時代小説を寄付いただけると大変喜ばれます。古本チェーン店では二束三文にしかならない本の有効活用をお考えの方はぜひ「センターの日」にお持ち下さい。

 現在はセンターに図書室が設置されています。本棚はつまっているものの、固い本ばかり残っていて、品揃えに少し難があるようです。古本の寄付をお待ちしています。

これまでの「センターの日」

 これまでの報告はこちらです (第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回)。

f:id:asitanorojo:20190612114144j:plain

カンパのお願い

 大阪城公園よろず相談の活動に賛同いただける方はカンパにご協力いただけると幸いです。以下の口座まで振り込みをお願いします。活動に関心のある方は一声おかけ下さい。夜回りや寄り合いのほか、哲学読書会やソフトボール大会、「センターの日」などの活動も行っています。

郵便振替

記号14080
番号32204771
大阪城公園よろず相談

郵貯以外からの振り込みの場合
店名 四〇八(ヨンゼロハチ)
店番 408
預金種目 普通預金
口座番号 3220477

2019年5月18日(土)第19回「センターの日」──ここからはじめてもらわなければ困る

幸せの黄色いハンカチ

 第19回目の「センターの日」は2019年5月18日に行いました。

 センター開放行動の団結小屋をお借りして、高倉健倍賞千恵子桃井かおり武田鉄矢が出演する『幸せの黄色いハンカチ』の映画を上映しました。

 センター閉鎖後はじめての「センターの日」となるので、センター周辺にいる人たちのお話をじっくりお聞きしたいと思い、いつもは14時からやっている映画を15時からにしました。その結果、映画が終わる時間が遅くなり、シェルターの受付時間ギリギリになってやきもきされたことと思います。配慮が足りなかったと反省しました。

センター周辺でお聞きした話

 「昼回り」では、深夜の襲撃についてお聞きしました。周辺で野宿している人たちで協力し、団結小屋にも一声かけて対処したそうです。

 センターが閉鎖された時には現地におらず、自転車を置きっぱなしにしていたという人もおられました(翌日取り戻すことができたとのこと)。萩の森予定地の休憩スペースについてもおたずねしたところ、まだご存知ないようでした。

 私たちがふだん大阪城公園近辺でやっている夜回りでは「あいりん労働福祉センター」(労働施設部分)の閉鎖にともない、大阪社会医療センターも閉鎖されたと思い込んでいる人と出会いました。

 萩の森予定地の休憩スペースでは、ビラを渡すと「仕方ないやないか。耐震性に問題あるんやから。なんかあったらあんたが金払ってくれるんか?」と厳しい口調でいわれました。 

 「昼回り」を終えて、テントに戻ると、しばらく遠方の飯場に入っていて、センターが閉鎖されたことは聞いていたが、今日はじめて実際に見て驚いたという人が来ておられました。

 映画も終わって、片付けをしているところに、両手に荷物を抱えた人が来られて、「ここ(釜ヶ崎)に来れば何とかなるって聞いて来たんですけど」と話しかけてこられました。

何が大切なことなのか

 医療センターについてあったように、センター閉鎖にまつわる誤解もあり、解体工事がはじまるまでの2年間だけでなく、建て替え期間もさまざまな問題が起こるであろうことが予想されました。

 「困ったら釜ヶ崎に行けばなんとかなる」というのは、日本社会がさまざまな問題をいち地域に押しつけていることの裏返しであり、決していいことでないのかもしれません。釜ヶ崎にはさまざまな困難を抱えた人が訪れ、また、現にたくさんの人たちがさまざまな困難を抱えながら暮らしています。

 そういう場所だからこそ、まずは訪れた人を受け入れ、落ち着ける場所が絶対的に必要なのだと思います。そういう場所が日本社会からはどんどん奪われ、都市の中でも潰されていっています。

 「困っている人」が集まるとそこは「困った場所」に思えるのかもしれません。「困った場所」はないほうがいい」「困っている人はいない方がいい」。そうかもしれません。しかし、まず「困っている」ことを認めてもらえなければ、何もはじまらないように思います。

 何かがはじまるのはここからだということです。ここからはじめてもらわなければそれこそ「困る」のですから。

2019年6月6日(木)夜回り・釜ヶ崎センター続報/恐怖のバチカン

釜ヶ崎センター続報

 5/24に指定された荷物引き取り日にまた強制排除があるかと思われたものの、6/5現在、行政による目立った動きはないようです。

 しかし、暑さが増すなかで倒れ、救急搬送されて亡くなった方がおられました。センターが開いていればこんなことはなかったかもしれません。

 今年も豪雨や猛暑などの自然災害が予想されます。昨年の台風の時、日中はセンターに避難していたという人もたくさんおられました。避難所としてセンターは代わりのない稀有な場所です。

 毎月第三土曜日には「センターの日」と称してセンター周辺で寄り合いを行なっています(6/15で20回目)。たとえセンターがなくなっても、そこにいた人間がいなくなるわけではありません。集まることで当たり前のことを訴えていく力がセンターにはあるはずです。ぜひお立ち寄りください。

恐怖のバチカン

 イタリア三家族珍道中。なかなかトリノの社会運動現場の交流の話に入れません。引き続きローマ観光の話です。

バチカンって何?

 「朝のサン・ピエトロ大聖堂は絶対おすすめ」と言われていたので、じゃあ行こうかなくらいに考えていました。同じように「システィーナ礼拝堂は見ておくべき」という意見があって、どちらもバチカンにあるらしい。バチカンといえばローマ法王のいるところで、一つの街でしかないのに、独立した国家として扱われているとかなんとか、その程度の知識です。

 案内所まで連れてきてくれた女性はどこへやら、中東系の男性ガイドに引き渡されました。言われるがままにガイドに着いてくと、横断歩道もない路を強引にわたった目の前に高い壁が立ちはだかっています。大きな入り口があったかと思ったら、そこは出口。「バチカンミュージアム」とアルファベットで書かれています。その横の入り口は人だかりです。

バチカン美術館へ

 「別に美術館とかどうでもいいんだけどなー。バチカンのなかをぶらっと散歩して、大聖堂やら礼拝堂やらを見たいだけなんなけど」くらいに考えていたのが大まちがいでした。

 「バチカンに入る」というのは要するに「バチカン美術館に入る」ことで、そもそも散歩気分でぶらつくというような場所ではなかったのです。バチカン美術館の入り口では空港でやるような手荷物検査がありました。ガイドの人はそこで笑顔で去って行きました。

 「よくわからんけど、せっかくだし美術館も見ていくか」と、手近なフレスコ画のエリアに入ました。きっとすごいコレクションなんだろうけど、縁なき衆生にはやや退屈です。ここだけでも結構時間がかかりました。「全部見てたらきりがないから、とりあえずシスティーナ礼拝堂に行って、最後の審判の天井画を見に行こうよ」と、スマホの地図を見ながら移動しようとするのですが、どちらへ行こうにも建物の壁がのびており、結局案内表示にしたがって進むしかありません。

恐怖のバチカン回廊

 数百メートルは余裕でのびた建物の中は全て展示場になっています。ある通路はギリシャかローマかの頭部彫刻ばかりがはてしなく並んでいて圧倒されました。大理石で作られた浴槽や彫像で囲われた中庭は荘厳でした。その辺りで二人がはぐれてしまいました。合流しようと連絡を取ろうにも携帯電話の電波状態が悪く、気づけばものすごい人だかりで戻ろうにも戻れなくなっていました。「とにかく最後の審判のところまで行ってから合流しよう」ということにして、それぞれ歩みを進めました。

 ところが、歩けども歩けども先は見えず、高い天井はきんきらきんに飾り立てられ、壁はどでかいタペストリーに覆われた空間が数百メートルと続きます。もうしんどいから非常口から出させて欲しいとお願いしても、そんな理由では出してくれません。ベルトコンベアの上を自分の足で歩かされる供物のような気持ちで巨大建造物をさまよいました。

最後の審判

 「最後の審判」を目にするまでにも、いくつも天井画を見せられました(もうええっちゅうねん)。ようやくたどり着いたシスティーナ礼拝堂では「立ち止まるな」と叱られながら、見物客がひしめき合っています。その光景を評して「ガス室かと思った」と誰かが言ったとか言わなかったとか。

 バチカン美術館は「最後の審判」というボスに叩きのめされるまで全てのルートを歩き切らなければいけない、大仕掛けなお化け屋敷のような場所だったのです。サン・ピエトロ大聖堂に立ち寄る元気はもはやありませんでした(次回はいよいよトリノへ)。

 

2019年5月26日(日)寄り合い── 人が追い出される公園とは

 今月の寄り合いも難波宮跡公園で行いました。五月晴れの寄り合い日和で、市民の森の寄り合いも良いですが、広大で明るい難波宮跡公園はいるだけで楽しい気持ちになります。

 G20の警備対策とやらで懲罰にかけられたかのような強剪定が痛々しい樹々も、これから梅雨に入って大量の雨と陽射しを受けて負けじと生い茂って欲しいものです。

f:id:asitanorojo:20190527094952j:image

 前回に引き続き、サクヤルミナが開催されている大阪城公園の「飛騨の森」についてお話を聞きました。大阪城公園は野鳥観察のスポットとして人気があることは知っていましたが、渡り鳥が立ち寄る時期ともなると、百人もの人が一羽の鳥を眺めに集まるそうです。

f:id:asitanorojo:20190527095006j:image

 鳥を愛でるタイプと写真に収めたいタイプの人とがいて、写真を撮りたい人たちはベストショットをめぐって時にはもめることもあるとか。大阪出張で官庁を訪れた人が、これ幸い役得とスーツ姿で飛騨の森に立ち寄る姿も見られるとのことです。

f:id:asitanorojo:20190527095016j:image

 ところが、こうして野鳥を楽しみに訪れる人たちを、16時になったら「サクヤルミナの準備をするから」と業者が追い出しているというのです。公園本来の利用者を金儲けのために追い出す権限が誰にあるでしょうか。このアトラクションは「自然の地形を生かした」ことを売りにしているというのだから、ますます呆れたものです。

f:id:asitanorojo:20190527095026j:image

 大阪城公園はもとより自然と調和した都市の憩いの場所であり、人びとの生活のなかに織り込まれて愛されていることがわかりました。お話を聞いていると、前回の寄り合いで知り合った野宿の仲間と大阪城公園で出会ってあいさつを交わすといったこともあるそうです。

 今や、野宿者どころか、公園を利用しているだけで追い出されるおかしな社会になっています。休日の儲けだけのために6月頭まで業者が占拠し、平日は閑古鳥が鳴いている有料バーベキュースペースはなんでしょうか。

 私たちは自分が暮らしている街のこと、公園のこと、身近な他人のことをあまりにも知らないようです。当たり前に利用している場所のこと、隣人のことを知るなかで、この社会の実像や良さをも知ることができるのではないでしょうか。

2019年5月23日(木)夜回り・コロッセオからバチカンへ/釜ヶ崎のセンター続報

コロッセオからバチカン

ローマ観光のはじまり

 イタリアの朝は時差ボケではじまります。朝というよりまだ夜です。何時から寝はじめても必ず3時間ほどで目が覚めてしまい、しんどいのに二度寝できないまま明るくなるまでベッドで横になってすごします。

 今回の旅行のメインはイタリア北部にあるトリノ市であり、ローマは航空券の都合で発着地となっているだけでした。とはいえ、せっかくなので二日目はローマ観光にあてることにしました。

 そんなにあちこちまわることもできないので、「とにかくコロッセオには行きたい!」「バチカンシスティーナ礼拝堂は見てきなさいと言われた」ということで、この二ヶ所に行くことになりました。

地下鉄ののりかた

 宿になったアパートから徒歩で10分ほど、ゆるいカーブを描きながら分岐しては合流する起伏のある道のりを抜けると地下鉄のガルバテッラ駅があります。子どもを6人つれた観光客まるだしの10人の日本人が移動するので、どう見ても場違いです。飛行機の乗り降りと宿の利用方法以外はほとんど何も調べずに来ているため、電車の乗り方も一から確かめねばなりません。券売機のイタリア語を英語表記に切り替えて見てみると、イタリアの電車は利用時間によって料金が決まっていることがわかりました。日本では数駅ごとに料金が異なりますが、イタリアでは、100分乗り降り自由で1.5ユーロ(約200円)、24時間で7ユーロ(約900円)、72時間で18ユーロ(2,300円)といったふうになっています。

 子ども料金がいくらかわからず、最初は子どもの分も同じように買っていたのですが、9歳以下は付き添いの大人一人につき一人無料ということがのちにわかりました。年齢は身長を基準に大まかに判断しているようでした。イタリアのバスも同じような仕組みで、どちらも日本よりゆるい感じでした。

コロッセオが目の前に

 路線図を頼りに乗り換え駅を調べてコロッセオ駅まで行きました。「さて、コロッセオにはどっちに行ったらいいんだろう」とキョロキョロしていると、どっちも何も目の前にそびえ立っているのがコロッセオでした。駅の目の前に豪華な遺跡があることにびっくりしました。

 すぐそばにはコンスタンティヌス凱旋門という大きな記念碑があり、コロッセオの横の丘に赤れんがの遺跡が広がっているかと思えば、反対側は車道をはさんでふつうのアパートが立ち並んでいました。世界的な遺跡と都市が渾然一体となった風景が不思議です。お金のレートと相場感が今ひとつわからず、変にケチってコロッセオのなかに入らなかったことが悔やまれます。

バチカンへの道

 コロッセオを楽しんだあと、今度はバチカンに向かいました。電車に乗った瞬間にアジア系の中年の女性から日本語で話しかけられました。「オッタビアーノに行くの? 私も行くところなの」……話しかけられてすぐに怪しいと思いました。オッタビアーノというのはバチカンの最寄りの駅ですが、この電車に乗ってきたというだけでバチカンに行くのだろうと声をかけてくるのも変です。

 片言ながら日本語が上手で、両親は中国人だが自分はベトナム国籍で、日本語もしゃべれるようになりたいから勉強しているのだと笑顔で語ります。どこかで距離を取れないかと考えたのですが、この大所帯ではメンバー間の意思疎通も取れず、電車を降りてからも道案内されるかのように同行されることになりました。「バチカンにふつうに入るとものすごく並ばないといけない。インターネットで予約しなければならない」と訊いてもいないことをいろいろ教えてくれました。

 すでに書いたようにわれわれは何ひとつ調べずに名前だけ知っている場所に適当に向かっていたので、システィーナ礼拝堂を見ること、バチカンに入るとはどういうことなのかまったくわかっていませんでした。要するに彼女は予約チケットの転売ビジネスの営業でした。バチカンのシステムもよくわからないし、提示された料金もめちゃくちゃ高いということもなかったので、結局彼女にお願いすることにしました。

 行き当たりばったりのマヌケな三家族、さっそく引っかかってしまったわけですが、これから向かうバチカンがまさかあんなに恐ろしいところだとは思いもよりませんでした(つづく)。

釜ヶ崎のセンター続報

 4/24の強制排除、センター閉鎖後も西側シャッター前ではテント屋が立てられ、抗議行動が続いています。5/19には三角公園で集会とデモ、5/21には府庁で抗議行動が行われました。センターの周りには今も休んでいる人たちがたくさんいます。追い出されてもどこかで生きていかねばなりません。生活を守るために力を合わせていくことが大切だと思います。近くに行った際はセンター開放行動のテント屋をのぞいてみて下さい。よろずも応援しています。

 

第19回「センターの日」のお知らせ

センター開放闘争が行われています

 3月31日に閉鎖されようとしたセンターは、反対に集まった人びとによって限定的ながら24時間開放を実現したのもつかのま、機動隊の強襲を受けて強制排除されました。

 現在はシャッターの前に拠点を設け、抗議行動を続けています。この場所に繰り返し訪れることが都市空間の統治に裂け目を作る力になります。「センターの日」をきっかけにお越しください。

場所・日時のご案内

 JR新今宮駅西口から地上に出て、国道の向かいのあいりん総合センター正面付近で、2019年5月18日(土)13時から16時に実施します(毎月第三土曜日)。ブルーシートとこたつ、コーヒーの焙煎の匂いを目印にお越し下さい。

 古本放出はとても人気があります。特に読み終えた時代小説を寄付いただけると大変喜ばれます。古本チェーン店では二束三文にしかならない本の有効活用をお考えの方はぜひ「センターの日」にお持ち下さい。

 現在はセンターに図書室が設置されています。本棚はつまっているものの、固い本ばかり残っていて、品揃えに少し難があるようです。古本の寄付をお待ちしています。

これまでの「センターの日」

 これまでの報告はこちらです (第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回)。

f:id:asitanorojo:20190516003416j:plain

カンパのお願い

 大阪城公園よろず相談の活動に賛同いただける方はカンパにご協力いただけると幸いです。以下の口座まで振り込みをお願いします。活動に関心のある方は一声おかけ下さい。夜回りや寄り合いのほか、哲学読書会やソフトボール大会、「センターの日」などの活動も行っています。

郵便振替

記号14080
番号32204771
大阪城公園よろず相談

郵貯以外からの振り込みの場合
店名 四〇八(ヨンゼロハチ)
店番 408
預金種目 普通預金
口座番号 3220477