大阪城公園よろず相談

大阪城公園を中心に野宿者支援活動を続けている大阪城公園よろず相談のブログです。

活動報告

2018年4月20日(土)第18回「センターの日」とその後の出来事について

第18回「センターの日」のあらまし センター開放下での開催 第18回目となった2019年4月20日(土)の「センターの日」は「センター開放」下で行いました。ふだんはビラを貼ってもすぐにはがされてしまうのですが、「すでに行政機関の管理下を離れている今なら…

2019年3月16日(土)第17回「センターの日」── この場所をともに生きることを確かに

2019年3月16日(土)第17回「センターの日」のあらまし 早め早めに準備をしたつもりなのに、いつも家を出るのがギリギリになってしまいます。最近では「センターの日」の手伝いに来てくれる人も増え、焙煎やビラまきなどやってもらって助かっています。 来月…

2019年4月13日(土)寄り合い──花見を兼ねて

3月の寄り合いが雨で中止になったので、2ヶ月ぶりの寄り合いとなりました。木曜日の夜回りの際に告知をし、日曜日は雨になりそうだということで、急遽土曜日に変更しました。 いつも以上に多くの人が参加し、好天のもとで食べる食事に舌鼓を打ちました。 こ…

2019年2月16日(土)第16回「センターの日」──労働者のためにやらんとあかん

ものすごい風で、映画を上映していてもスクリーンが倒れ、コーヒーを入れようにもなかなかお湯が沸かないという大変な条件下で行いました。おまけにブルーシートを忘れたり、キャンプテーブルを忘れたりしました(あとで持ってきてもらいました)。 1970年頃…

2019年2月24日(日)寄り合い──倒木がないのに倒木を理由に立ち入り禁止?

2月末の寄り合いは、暖かな日差しの下で行われました。 持ち寄りごはんもバラエティ豊かで、塩もみした大根やブロッコリーなど、野菜も取れるように配慮したチョイスが良いと思います。 長ネギを取り入れた品もありました。昨年末の年越しそばで、そばに焼き…

2019年1月19日(土)第15回「センターの日」── 「まちづくり」の錯覚

第15回「センターの日」のあらまし 「センターの日」の基本スタイル? 13時から準備をはじめ、14時からの映画上映までにビラを配布することで「センターの日」がすごくうまく回る手応えがありました。ようやく「センターの日」の平常のスタイルができあがっ…

2019年1月27日(日)寄り合い──3年ぶりの再開の裏で進む事態

マラソンで隔絶された森の中で 全国的な冷え込みが予測され、近畿地方でも雪が降る可能性が高いという話でしたが、明るい日差しの下でゆったりとした雰囲気で寄り合いがの場を持てました。 昨年と同様、1月の寄り合いは大阪女子国際マラソンの日に当たりまし…

2018年12月15日(土)第14回「センターの日」──不法占拠と都市のコモンズ

第14回のあらまし 2018年最後の「センターの日」では、映画上映と横断幕作成を試みました。 映画上映『太陽の墓場』 映画上映は、バッテリーで2時間使えるプロジェクターに携帯式スクリーン、これもまたバッテリー電源で使えるスピーカーを用意して行いまし…

2018年12月29日(土)年越しそば

2018年最後の寄り合い仕舞い、年越しそばを行いました。 16時頃から準備をはじめて、開始時間の17時にはすっかり暗くなっていました。ガラガラの商業施設を尻目に、市民の森の暗がりの中でポケットライトを灯してそばを食べました。 焦がしねぎが良かったの…

2018年11月17日(土)第13回「センターの日」──問いかける言葉を探しています

2017年11月からはじめたこの「センターの日」も一年が経ちました。労働施設の仮移転にともなうセンター閉鎖の期限が具体的に示されたのがこのころでした。 大阪市内の野宿者支援に取り組む私たちにとって、釜ヶ崎は必ずかかわりのある場所でありながら、活動…

2018年11月15日(木)哲学読書会再開に向けて

5月17日を最後に半年近く中断していた哲学読書会を再開しようと、飲み会がてら集まって話し合いました。 中断しているあいだもKさんとは「最近何読んでる?」と情報交換していました。シュタイナーの『自由の哲学』のあと、『笑い』で触れたベルクソンについ…

2018年12月2日(日)寄り合い──今年も暮れていくと思うにはまだ早い暖かい12月

12月とは思えない暖かい空気の中で寄り合いを行いました。毎年恒例の「サンタラン」の参加者の姿がちらほら見られました。 写真を撮るのを忘れたため、持ち寄りごはんは食べ荒らされたものしか残っていません。今回は全体的におかずがかぶり気味でしたが、煮…

2018年10月22日(土)第12回「センターの日」──未来を語るのもいいけれど

いつもの焙煎と古本放出 涼しくなってきたこともあってか、コーヒーは5回焙煎して、前回を上回る方に飲んでいただきました。長い列を見て、リピーターと思われる方の「ここのコーヒーは時間がかかるのがなあ……。でもうまいけどな!」というひと言が笑いを誘…

2018年10月21日(日)寄り合い── 金儲けが直接的な排除に

メンバーのスケジュールの都合で、8月に続き今月も「センターの日」と連日の寄り合いになりました。 野菜は少ないものの、鳥レバーやキノコのマリネなど、味わいは豊富な品揃えとなりました。 フランス産のブルーチーズをフランスパンとクラッカーにのせて食…

2018年9月15日(土)第11回「センターの日」──頼まれもせずあるがままに

今回は読書の秋ということで文庫本を中心に古本を用意して放出しました。歴史物とミステリーが人気です。 何がどうしたのか、14時に開始するやいなやコーヒーの列が途切れず、最終的に70杯近くにもなりました。もうかき氷の季節ではないだろうと思ったのです…

2018年9月17日(月・祝)寄り合い──倒木の風景

暑いのか涼しいのかはっきりしない曇り空の下、9月の寄り合いを行いました。日曜日の都合が合わないため、今月は祝日である月曜日の開催でした。告知の行き渡っていないメンバーは来れないかもと思いましたが、伝え聞いたのか、顔を出してくれる仲間もいまし…

2018年8月18日(土)第10回「センターの日」──現在を表す言葉

前回に引き続き、かき氷を行いました。お盆を過ぎると嘘のように暑さが和らいだものの、用意した10ブロックの氷すべて使いきりました。練乳缶を用意したにもかかわらず、穴をあける道具を忘れたためにお出しできなかったのが心残りです。 今回は、いつも貼り…

2018年8月19日(日)寄り合い──今夏もそうめん大会(?)

8月の寄り合いの持ち寄りごはんは毎夏恒例のそうめんにしました。今回もAさんがそうめんつゆを用意してくれました。おろし生姜も用意してくださり、「生姜は夏に食べても冬に食べてもいい」と格言のようなことを言っていました。 よろずのKさんがいつも用意…

2018年7月21日(土)第9回「センターの日」──この街に宿る力とは

暑さのいや増す7月の「センターの日」は、発電機を持ち込み、業務用の機械でかき氷を作って提供しました。人によっては2杯、3杯とお代わりを求められて、いつもよりも長い待ちの列ができてご好評いただいたようです。 昨年11月、センターにこたつを設置して…

2018年6月16日(土)第8回「センターの日」──昼回りはじめました

第8回目の「センターの日」では3階でビラまき、声かけをさせていただきました。ふだん支援団体がやっている「夜回り」ならぬ「昼回り」です。 お寝み中の方には枕元にビラを置かせていただきました。何人かの方には声かけにこたえてお話をうかがうこともでき…

2018年7月1日(日)寄り合い──障害物に現れるチグハグな風景

朝晴れていると思ったら夕方ほんのひと時だけ土砂降りになったり、降らないまでもねっとりした湿気が漂っていたり、落ち着かない天気が続きます。この日もちょうど寄り合いのときだけ雨マークがついている時もあったのですが、当日になると終日晴れマークに…

2018年6月3日(日)寄り合い──有料児童遊戯施設オープン

暑くもなく寒くもない、いい一日でした。緑のおかずが不足しがちである普段の反省から、今回の持ち寄りごはんは野菜が少し多めになりました。おかずの種類も多彩で、スパムとウィンナーの炒め物、卵焼きは子どもたちにも好評でした。きゅうりの浅漬けもおい…

2018年5月19日(土)第7回「センターの日」── よりあって生きていくためには

毎回最初のコーヒーをお出しするのに時間がかかるので、あらかじめ10杯分のドリップコーヒーを保温ポットに用意してスタートしました。だいぶ暑くなって来たので今回は水出しのアイスコーヒーも用意しました。 ここ数回、釜ヶ崎や大阪の今昔がわかる写真集か…

2018年5月17日(木)第16回哲学読書会──『自由の哲学』3

いつもお借りしている場所が使えなかったので居酒屋で行いました。 シュタイナーの『自由の哲学』の第1章から第3章までを振り返りました。シュタイナーの後半生は神秘主義者としてのもので、『自由の哲学』で書かれているようなこととはガラッと内容が異なっ…

2018年4月29日(日)寄り合い──新緑の季節

暖かくなって大阪城公園の木々の緑も勢いを増しています。 一方、今回の持ち寄りごはんは茶色っぽいものになって失敗でした。やはり野菜は根菜ではなく、緑のものを選んだ方が良さそうです。 久しぶりに顔を出してくれる仲間もいて、好天のもと良い寄り合い…

2018年4月21日(土)第6回「センターの日」──寒さより暑さが気になる季節の気配

ようやく暖かくなって、寒さより暑さが気になる季節の気配を感じます。センターに向かう道すがらも、ゆったりした気持ちでリアカーをひけました。13時半からはじめたところ、最初から人の集まりがよく、多くの方が立ち寄ってくださいました。 今回からキャン…

2018年3月28日(木)第15回哲学読書会『自由の哲学』2

前回に引き続き、シュタイナーの『自由の哲学』を読みました。今回は第Ⅱ部でした。 シュタイナーのこの本は、実在論と観念論、一元論と二元論といった、基本的な概念をふまえて書かれています。シュタイナー自身は両論の縛りを解かれた直観と思考の世界へと…

2018年3月24日(日)寄り合い──「公園がにぎわって何が悪いの?」

今回は、寄り合いの午前中から、4月1日の「お花見有料化粉砕デモ」で用いる旗作りをしました。 遠くから見てもわかるように、漢字を独特の形に崩します。崩し方に決まりがあるわけではないので、人によっていろんなバリエーションがあるそうです。 お花見バ…

2018年3月17日(土)第5回「センターの日」──壁面写真展

2月の「センターの日」は吹き止まない寒風にさらされましたが、3月はまた柔らかな日差しの下で行うことができました。 その場で豆を挽いてコーヒーを淹れることにこだわってきましたが、ミルが悪いの豆が悪いのか、淹れる人間の腕が悪いのか、ドリップし終わ…

2018年2月17日(土)第4回「センターの日」──強風にあおられながら

冬になるとセンター1階を吹き抜ける強風に悩まされます。この強風では、誰も立ちよってくれないのではと思いましたが、結果的には多くの方がのぞいていって下さいました。 ダンボールで作った風防を用意しても、残り少なくなったボンベではカセットコンロの…